ここから本文です

三菱アンバサダー・野口健さんのアウトランダーPHEV。ナンバーは世界最高峰の標高に

6/21(水) 16:55配信

carview!

この春から三菱自動車のアンバサダーに就任したアルピニストの野口健さん。6月21日、そんな彼の愛車となる「アウトランダーPHEV」が納車されることになりました。会場となった関東三菱自動車販売・目黒店には、プレゼンターとして益子修・三菱自動車社長も登壇。レッドメタリックに塗られた「Sエディション」は基本ノーマルですが、黒のボンネットストライプや、下回りのツートーン加工は野口さんがデザイナーと相談しつつドレスアップしたもの。オプションにしたら売れるはず、と出来栄えに自信も見せていました。Dピラーにはしっかり名前も入り、「悪いことは出来ない…」とご本人。

【写真をもっと見る(15枚)】

ちなみに希望ナンバーで取得した8848は、彼が清掃活動する世界最高峰・エベレストの標高という点も自慢。アウトランダーPHEVに初めて乗ったときは、東京の事務所から千葉の自宅までの約60kmをほぼEV走行できる航続距離の長さに驚いたといい、マイナーチェンジでインテリアの高級感がアップしたのにも満足しているといいます。そんな野口さんの三菱車への思い出は、彼が少年時代を過ごしたエジプトでも人気があったラリー・通称パリダカで活躍していたパジェロがルーツになっているとか。

昨年は熊本地震で被災した益城町にテント村を設営するなど、被災地の支援活動でも活躍する野口さん。今後は三菱自動車と協力して、テント村にアウトランダーPHEVを持ち込み、クルマの発電機能を照明や冷暖房などに役立てたいという計画もあるようです。

株式会社カービュー

最終更新:6/21(水) 16:55
carview!