ここから本文です

ギリシャは追加的な債務負担軽減が必要、欧州委が結論-内部文書

6/21(水) 2:46配信

Bloomberg

ギリシャは90億ユーロ(約1兆1160億円)の資金バッファーを構築した上で金融支援プログラムから抜け出せる公算が大きいが、投資家の信頼を取り戻すには追加的な債務負担の軽減が必要だ。ブルームバーグが入手した草案文書で、欧州委員会はこのように結論づけた。

ギリシャのチプラス首相と欧州の債権団は2015年、欧州安定化メカニズム(ESM)を通じ同国に860億ユーロ規模の第3次金融支援プログラムを提供することで合意した。欧州委員会はこの支援に関する今月16日付の報告書で、274億ユーロが未利用のまま18年8月の期限切れを迎えるだろうと予想。それまでの支払金は約90億ユーロに上る「相当額の資金バッファー構築」にも使われるべきだと指摘した。

欧州委は2060年までギリシャが年3-4%の名目国内総生産(GDP)成長率を続けるとの見通しを基本シナリオとしている。これは国際通貨基金(IMF)よりも大幅に楽観的だが、報告書によると、欧州委はこれが実現した場合ですらも「追加的な債務負担の軽減措置」が必要だと分析。「償還期間の延長と元本および金利の支払い猶予期間を含む適切な債務管理措置の組み合わせが、ギリシャの債務を持続可能な水準に戻すには欠かせない」と論じた。

原題:EU Says Greece Needs More Debt Relief Despite $10 Billion Buffer(抜粋)

Marcus Bensasson, Sotiris Nikas, Birgit Jennen

最終更新:6/21(水) 2:46
Bloomberg