ここから本文です

塩を振って食べる!諏訪うまれの〈南アルプス塩ようかん〉/長野

6/21(水) 11:53配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュースvol.2119

寒天作りが盛んな、長野県・諏訪地域。凍てつく冬の寒さを利用し、原料となる天草を天日干しにし、伝統的な自然乾燥による製法が行われてきました。

【写真で見る】箱を開けても、食べやすさを考慮した洗練されたデザイン

この地で100年の歴史を持つ〈小笠原商店〉は、多くの寒天メーカーが工場での生産方式に切り替える中、創業時から変わらない冬場の自然乾燥による製法を守ってきた、数少ない寒天業者です。伝統的な製法による高品質な寒天が評価され、日本各地の名和菓子店で、羊羹の原料として採用されています。

そんな〈小笠原商店〉が、南アルプス近郊の素材を使った初の塩ようかん〈南アルプス塩ようかん〉を発売しました!価格は2,700円(税込)。原材料メーカーから一歩前へ出る、新たなチャレンジです。

〈南アルプス塩ようかん〉の原料は、天然素材の糸寒天と南アルプスが生み出す水、長野県大鹿村で採れる山塩など。職人が一つ一つ手作りで作っています。ポイントは、同封されている山塩を、ようかんの上に一つまみ振りかけること。より味わい深い、塩ようかんを味わうことができます。

おしゃれなパッケージは、南アルプスをイメージした留紺(とめこん)の箱。富士見町の白樺を使った木包丁を同封しており、木箱の上蓋をまな板として使い、その場で切り分けることができる工夫も!

〈南アルプス塩ようかん〉の商品開発に取り組んだのは、小笠原商店創業の地である富士見町へ移住し、地域活性化に取り組む二人のデザイナー。富士見町にあるコワーキングスペース〈富士見 森のオフィス〉にて、サービス/体験デザイナーの津田賀央さんと、地域おこし協力隊として森のオフィスの運営スタッフを務めるプロダクトデザイナーの松田裕多さん。この二人と、小笠原商店の専務である小笠原義雄さんが、「伝統を守りながらこれまでにない新しい商品を作りたい」という思いのもと作り上げたのだそうです。

詳細、購入は南アルプス塩ようかん公式サイトから。

information
南アルプス塩ようかん
販売元: 有限会社小笠原商店
価格:2,700円(税込)


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。