ここから本文です

メイ英首相と地域政党の閣外協力交渉、合意来週に後ずれ=関係筋

6/22(木) 1:23配信

ロイター

[ロンドン 21日 ロイター] - メイ英首相が率いる与党・保守党が北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)と進めている閣外協力を巡る交渉は、合意が来週にずれ込む見通しだ。DUP筋が21日、週内合意の公算は小さいとロイターに明らかにした。

協議では、細部を詰める必要があるものの、合意に達すると見込まれているという。

週内に合意がまとまるのかとの質問に対し、関係筋は「それはなさそうだ」と答えた。

保守党とDUPは国内問題や欧州連合(EU)離脱を巡り、総じて意見が一致しているが、閣外協力の見返りとして求めている北アイルランド向け支援の規模を巡り攻防が続いている。DUPはベルファスト空港の競争力強化に向け、英国の空港から出発する際に適用される航空旅客税の撤廃を要求し、争点の1つになっているもようだ。DUPは撤廃により、アイルランドの首都ダブリンの空港に対抗したい考え。

最終更新:7/8(土) 1:51
ロイター