ここから本文です

小倉智昭“美女と密会”報道に「ぼうこうがんでソッチはご無沙汰」

6/22(木) 8:51配信

東スポWeb

 フリーアナウンサーの小倉智昭(70)が22日、メーン司会を務める情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)で、同日発売の週刊文春が報じた人妻女性との「密会」について「映画を2人で見たりしたのを“密会”と言われたら“密会”なのかもわからないけれど」としつつ、男女の関係については否定した。

 文春は「小倉智昭“古希の恋” 人妻美人記者と『週1密会』」として、大手新聞社に勤める40代後半のA子さんと会っていることを報じた。

 小倉は22日の番組冒頭で「私、文春砲にまたやられました」。薬物事件で逮捕された俳優との関係を同誌に昨年報じられたことを念頭に「確かにそういう女性がいて、一緒にライブに行ったり、食事をしたり、時にはマネジャーと一緒だったりするんですが、食事をする時も個室をあまり使わなかったりする。あぁ、それでも“密会”って言われるんだなって思いました」と続けた。

 文春には小倉のコメントも掲載されており、自宅前に5人が取材に訪れたという。その場で「激しく」(小倉)言われたのが「事務所で2時間、部屋を暗くして、明かりが外に漏れないようにしていましたね」。これについて番組では「私の事務所はミニシアター、映画館。外から光が入ってこないように造ってあるし、映画はだいたい1本2時間。そういうことだったんですけど、書かれてしまうと、そういうこと(密会)になってしまう」と説明。「去年ぼうこうがんをやりましたから、ソッチの方はご無沙汰ですね」と肉体関係を否定した。

「ただ、証人がいませんから」として“密会”自体はあえて否定しなかった小倉。梅津弥英子アナウンサー(39)が「ちゃんと否定した方がいいのでは…」と小倉に語りかけ、笠井信輔アナ(54)もA子さんについて「僕らも知っている人」と補足するなど、周囲もフォロー。

 それでも小倉は「僕は女性は大好きなんです。だから、これからも堂々と、いろいろな女性と“密会”したい」と宣言した。

最終更新:6/22(木) 10:03
東スポWeb