ここから本文です

最新アルバムを中心に届けられた9mm Parabellum Bullet “TOUR OF BABEL”ライブレポート

6/22(木) 11:56配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

現在放送中のTVアニメ『ベルセルク』第2期のOPテーマを担当する9mm Parabellum Bulletのライブツアー“TOUR OF BABEL”神奈川公演が6月11日(日)神奈川県民ホールで行われた。

【詳細】他の写真はこちら

「TOUR OF BABEL」の名称の通り、彼らの7枚目のアルバムとなる『BABEL』の楽曲を中心に行われたライブは、左腕の不調によりライブ活動休止中のギター滝 善充に変わって、サポートギターに武田将幸(HERE)、為川裕也(folka)を加えた5人編成となっている。

開演前の影ナレは『ベルセルク』ガッツ役や、『仮面ライダーOOO』伊達明役などで知られる岩永洋昭が担当。彼の落ち着いたトーンのナレーションから一転、一曲目となる「ロング・グッドバイ」がスタートするや、それは奇襲とも呼べる強烈な音圧で聴き手を圧倒する。低音が腹を叩き、高音が脳髄を揺らす、準備なくこの空間に臨めばその音に翻弄され続けるだろう。音がそこにあるというだけでこれほどまでの力を持つのか、ただただその驚きが聴き手の心を支配する。レコーディングされた音源では、菅原卓郎の甘やかで伸びの良い声が心地よいが、ライブでは彼の声もまた楽器のひとつでしかなく、詞の韻律が、拍がリズムとなって空間を刻む。機材交換の暗転以外、MCもなく、10曲目となる「それから」までノンストップで駆け抜けた第一部「LIVE OF BABEL」は、『BABEL』に収録された曲順通りに進行した。のちのMCで菅原は曲順について変えることも検討したと語っていたが、敢えてアルバム通りにしたのは、全曲の作編曲とプロデュースを担当した滝への想いもあったろう。

そして、その意図は見事に正解したと言える。収録順に込められた制作者の意思は、10曲を聴き終えたところでほかの可能性を念頭より除外する。それは組曲であり、個々独立した曲でありながら、一貫した流れを持っているのだ。それこそが、「リスアニ!WEB」で菅原が語った滝のサウンドの世界観なのだろう。そして、「リスアニ! Vol.26」で菅原とかみじょうちひろにインタビューした際に語られた、シングルになぜライブ音源を収録するのかという話にもつながっていく。レコーディング盤とライブ盤では同じ楽曲でもまったく異なるものとなるからだ。「ライブ盤を聴いて興味を持ったらぜひライブに来てほしい」と菅原は語ったが、シングルに収録されているライブ盤ですら、この空間に満ちる音を表すことに十分ではない。音源化された段階で幾分お行儀よくなってしまうのだ。また、力の強さを表すために“暴力的”という言葉が使われることもあるが、彼らの音は強くとも暴力的ではない。ただ存在することがイノセンスに強力、強烈である。それはガッツの振るうドラゴンころしの起こす剣風にも似ている。剣の持ち手に意思はあれども、振るわれた剣は力の示す先に向かって進み、空間を抉る。彼らの音もまたこの空間にいるすべてのもの、およそ音に反応するすべてのものを抉る。それは聴き手の血であり、肉であり、骨であり、さらには心である。この空間に居合わせれば、なぜ彼らが『ベルセルク』という作品のOPテーマに抜擢されたか納得するだろう。

第一部の終了後、菅原のMCが入り、また間髪入れずに第二部へと続く。「OUTSIDE OF BABEL」と題された二部は『BABEL』に収録されていない既存楽曲から11曲がチョイスされている。トップを飾ったのは『ベルセルク』第2期のOPテーマである「サクリファイス」。『ベルセルク』で彼らを知り、この会場を訪れたファンは「LIVE OF BABEL」の洗礼を受け、耳ができてきたところで、耳慣れた「サクリファイス」を聴き安堵する。実によく考えられた構成であり、新規のファンへの彼らなりの配慮を感じる。『BABEL』ではこれまでの9mmとは異なるアプローチで楽曲の制作を行ったと菅原は語ったが、一部から二部へ時間を遡行するように構成されたセットリストには一貫した彼らのismが通底している。

二部6曲目「キャンドルに灯を」のあと、ふたたび菅原のMCが入り、『ベルセルク』1期のOPテーマ「インフェルノ」へと続く。これもまた「リスアニ!WEB」のインタビューで菅原が語った通り、MCからの流れが爽快かつ痛快である。その後はラストの「Punishument」までを駆け抜け、およそ2時間のライブは終了した。比喩ではなく音が視覚化されるほどに濃く厚く充満するライブというものは稀有である。彼らのサウンドをアニメーションに近い場所でまた聴けることを願ってやまない。

Text By 田中尚道(クリエンタ)

9mm Parabellum Bulletライブツアー「TOUR OF BABEL」神奈川公演
2017年6月11日(日)神奈川県民ホール

SET LIST
LIVE OF BABEL(第一部)
1.ロング・グッドバイ
2.Story of Glory
3.I.C.R.A
4.ガラスの街のアリス
5.眠り姫
6.火の鳥
7.Everyone is fighting on this stage of lonely
8.バベルのこどもたち
9.ホワイトアウト
10.それから

OUTSIDE OF BABEL(第二部)
1.サクリファイス
2.The revolutionary
3.ダークホース
4.Keyword
5.黒い森の旅人
6.キャンドルの灯を
7.インフェルノ
8.新しい光
9.ハートに火をつけて
10.Cold Edge
11.Punishument

関連リンク
9mm Parabellum Bulletオフィシャルサイト