ここから本文です

(患者を生きる:3329)我が家で 食べる:4 気負わず「楽しむ食事」

6/22(木) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 低酸素脳症の影響で体にまひが残る東京都の白川秀薫(ひでしげ)さん(62)の自宅での生活が始まった。2015年7月、口から食べる機能を維持するために、寺本内科歯科クリニック(東京都文京区)の寺本浩平理事長(42)に自宅に診療に来てもらった。
 寺本さんは、秀薫さんの食事ののみ込みの状態を確認するため、妻千津子さん(54)に普段通りに食事を口に運んでもらった。のどに聴診器をあて、のみ込む音を確認した。鼻から内視鏡を入れ、食べ物が気道に入る誤嚥(ごえん)を起こしていないか、食べ物がのどに残っていないかをみた。
 秀薫さんがせき込むと、気管切開をした穴から食べたものが出てきた。……本文:1,929文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社