ここから本文です

【フィリピン】SMCのヒネブラ商標、認める判決

6/22(木) 11:30配信

NNA

 フィリピンの控訴裁判所(CA)はこのほど、財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)の蒸留酒部門ヒネブラ・サンミゲル(GSMI)による「ヒネブラ(スペイン語でジン)」の商標登録を認める判決を下した。フィリピン知的財産局(IPフィリピン)による決定を覆した。21日付ビジネスミラーが伝えた。
 GSMIは、2013年9月にIPフィリピンが却下した「ヒネブラ・サンミゲル創業1834年」の商標登録を認めるよう提訴していた。CAは、創業1834年についてはGSMIの訴えを棄却した。
 IPフィリピンは、ヒネブラは一般的な言葉で、ヒネブラと1834年創業は商標として機能しないとして、商標登録を認めない裁定を下していた。
 ヒネブラの商標をめぐっては、GSMIは過去に、蒸留酒メーカーのタンドゥアイ・ディスティラーズ(TDI)と係争に発展した経緯がある。GSMIは、TDIの「ヒネブラ・キャピタン」が商標権侵害に当たるとしてブランド名の使用差し止めを請求。TDIは「ヒネブラという言葉はジンの総称として誰もが使用することが認められるべきだ」と主張していた。IPフィリピンは13年にTDIの主張を支持したが、14年にCAがTDIに対し、同製品の販売禁止を命じる判決を下していた。

最終更新:6/22(木) 11:30
NNA