ここから本文です

ヤンキース田中 ダルとの初対決へ意気込み語る

6/22(木) 11:33配信

東スポWeb

【ニューヨーク21日(日本時間22日)発=沢田敏典通信員】ヤンキースの田中将大投手(28)が、23日(同24日)に本拠地ヤンキー・スタジアムで投げ合うことが決まったレンジャーズのダルビッシュ有投手(30)への思いや、メジャー初対決への意気込みを語った。

 田中とダルビッシュは、2008年の北京五輪や09年のWBCの日本代表でプレーしたことで絆が生まれたという。「こっち(米国)に来た選手の中では年も近いですし、僕にとっては一番身近な先輩なので、いろいろと今までも教えていただいたり、投球について話もしている。こっちに来て投げ合うことを楽しみにしていました」と笑顔を見せた。

 同じア・リーグ球団ながらヤンキースは東、レンジャーズは西で地区が違うため、対戦が少なく、これまで直接対決は実現しなかった。「去年のシーズンにダルさんは手術後で半分ほどいなかったので、なかなか接する機会もなかった。自分もこういう状況ですし、これをいいきっかけにと言ったら何ですけど、いい投げ合いができたらと思います」と意気込む。

 日本では4度対戦して田中は1勝3敗で、ダルビッシュは2勝1敗。田中は「はっきり言って4試合っていうのを覚えてなかったし、3試合だと思っていました」と苦笑。田中が新人だった07年に2度、09年と11年にそれぞれ1度投げ合っている。「でも、まあ意識しだしたのは、WBCで一緒になってからですね」と振り返った。初対決が決まる前にダルビッシュから「投げるの?」と連絡があり、田中は「分かりません」と答えたことも明かした。

 メジャーでの初対決は日米で注目されている。現在、自身6連敗中の田中は、どんな投げ合いをしたいか聞かれると「そんな余裕は僕にはないですね、今は。ハハハハハッ。いい投げ合いができれば、です」。先輩に投げ勝って復調のきっかけにしたいところだ。

最終更新:6/22(木) 11:33
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 19:00