ここから本文です

【宝塚記念】キタサンブラック貫禄走 上半期G1・3連勝へ 仕上げ抜かりなし!

6/22(木) 6:03配信

デイリースポーツ

 「宝塚記念・G1」(25日、阪神)

 G1・3連勝で上半期を締めくくる。ファン投票1位のキタサンブラックが21日、栗東CWで最終リハ。土砂降りの中、馬なりの手応えでパワフルな動きを披露し、3頭併せで貫禄の走りを見せつけた。今季はG1に昇格した大阪杯を完勝し、続く天皇賞・春はレコードV。現役最強馬の進化はまだまだ止まらない。なお、22日に出走馬と枠順が決定。馬券は24日に前日発売される。

【写真集】上半期を締めくくるグランプリ! 出走予定馬の馬体を徹底チェック

 激しい雨も、重たいチップも何のその。満を持して、僚馬2頭に襲いかかったキタサンブラックの姿はまるで重戦車のようだった。

 朝一番の栗東CW。3頭併せの最後方を進み、ラスト1Fで先行するパリンジェネシス(3歳未勝利)とワキノヒビキ(5歳1600万下)を勢い良くとらえた。だが、調教役を務める黒岩の手綱は持ったまま。「ソラを使うので早く抜け出さないように。同入でいいと思っていた」。その説明通り、闘志を内に秘めながら、最後は余力十分にフィニッシュラインを越えた。

 6F82秒8-40秒2-12秒2。黒岩が続ける。「(6F)82~83秒でとの指示。去年は結構ピリピリしていましたが、今は落ち着きがあっていい雰囲気です」。馬なりながらも“すごみ”を感じさせる動き。さらなる進化を見届けた清水久師は「馬場が悪いなか、しっかりと伸びていた。しまいの反応も良かった」と納得の表情だ。

 今季はG1に昇格した大阪杯を貫禄V。続く天皇賞・春ではディープインパクトの記録を0秒9更新するレコードタイムで連覇を達成した。五つ目のG1を手に入れ、主戦の武豊は「強い馬だと再認識した。すでに名馬と言っていいと思う。昨年の大阪杯からコンビを組ませてもらっているが、当時に比べて本当に強くなったと思う」と感心しきりだ。

 本格化した今、視線の先には海外遠征がハッキリと見えている。主戦は「春の目標のレースを全て勝つことができれば当然、選択肢に入る。そうなればいいと思う。まずはここに全力投球」と昨年3着に敗れた舞台でV宣言。10万1621票の熱い声援に「ファンを喜ばせたいという気持ちはなお一層、強く思いました」と世界挑戦の夢を描き、“上半期V3”締めを誓った。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ