ここから本文です

ミラン戦力外の本田圭祐に豪「Aリーグ」移籍急浮上のウラ

6/22(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 2018年ロシアW杯のプレ公式大会「コンフェデレーションズ杯」にアジア代表として参加しているオーストラリアから、セリエA・ミランを正式退団する日本代表FW本田圭佑(31)が「移籍先をオーストラリア1部Aリーグに絞った」という情報が飛び込んできた。

「Aリーグで優勝を争っているシドニーFC、メルボルン・ビクトリーが、即戦力でもありアジアでのプロモーション活動にプラスになると興味を持ち、本田自身も大きな関心を寄せているともっぱらです」(サッカーライター)

 ミランで戦力外が長く続き、試合勘を失ってハリル日本のベンチ要員となった本田。ロシアW杯のメンバーに入るためには、主軸選手として常時プレーできるクラブに移籍することが必要。

 試合を通してコンディションを整え、ロシアW杯に出場して現役を引退。その後、国際派ビジネスマンに転身するというのが、本田の描いている青写真といわれている。

「欧州各国リーグと比べるまでもなく、オーストラリアのAリーグとなると都落ち感も甚だしいとはいえ、本田ならではの事情もある。実は、本田は時差ボケに苦しむタイプ。欧州移籍にこだわって試合に出たり出なかったりの上に、代表招集のたびに7時間前後の時差に苦しむよりも、1~2時間のオーストラリアで主力としてプレーした方が、日本代表で好パフォーマンスを発揮するのに都合が良いのは確かです」(前出のライター)

 新天地にオーストラリアを選ぶ可能性はある。

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1