ここから本文です

【宝塚記念】サトノクラウン雪辱へGO格点 動き軽快!堀師「自分との戦い」

6/22(木) 6:03配信

デイリースポーツ

 「宝塚記念・G1」(25日、阪神)

 雪辱の舞台へ、サトノクラウンは精神面に重点を置いて慎重に仕上げられた。

【写真集】上半期を締めくくるグランプリ! 出走予定馬の馬体を徹底チェック

 時折、小雨の交じる美浦トレセンで21日、注目の最終リハはWで単走。馬の行く気に任せるように適度に気合を乗せながら、4コーナーから直線へ。鞍上の派手なアクションもなく、軽快なフットワークのままゴール板を駆け抜けた。5F70秒1-40秒7-12秒8。堀師は「暑い時季はあまりやりたくないし、しっかりと気持ちを乗せたかったので、内容的には良かったですね」と合格点を与えた。

 昨年は6着に敗れた。「暑さに弱い馬で、それに昨年は香港(クイーンエリザベス2世C=12着)帰りだった。今年はここまで過ごしやすいし、昨年よりはいい状態で出られます」と仕上がりの良さには太鼓判を押したが、「追い切り後も、いろいろとメンタルな面が大事になってくる馬。そのあたりが鍵になる」と言葉を続けた。

 昨年暮れの香港ヴァーズで待望のG1を奪取し、続く京都記念もV。連勝の勢いで臨んだ前走の大阪杯は6着。「結果的に追い切りがピークになってしまった感じ。パドックや返し馬では覇気がなかった。輸送も渋滞が誤算だった」と振り返る。

 近2走で手綱を取るM・デムーロは「内回りがどうかな。前走で(内回りを)初めて乗ったけど、少し忙しく感じた。ただ馬場が悪くなるのは問題ない」と、課題を挙げつつも下り坂の天気を歓迎する。「とにかく自分との闘いになる。そこが重要。全てがかみ合えば(キタサンブラックも)負かすこともできると思う」と指揮官。追い切り後のケアと輸送、そして当日の気配。ゲートインまで懸命な調整が続く。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ