ここから本文です

【ものづくりワールド2017】肉眼では見えない静電気を確認できる小型モニタを展示…阪和電子工業

6/22(木) 13:09配信

レスポンス

製品をつくるうえで何かとやっかいな静電気、それを可視化できる小型モニタを展示したのが阪和電子工業(本社・和歌山市)だ。製品名は「HSK-5008L」で、赤、青2色のLED点滅により一目で静電気の帯電がわかるというものだ。

[関連写真]

大きさは280mm×47mm×70mm、重量が160gとポータブルサイズで、上半分に8つのLEDランプがついている。そして、プラスの帯電だと赤色に点滅し、マイナスの帯電だと青色に点滅する。しかも、8つのLEDは8つのセンサーとそれぞれ連動しており、LEDの点滅状況によってどの部分で静電気が強いのかがわかり、手元の小さな液晶でその数値が確認できるようになっている。

また、パソコンに接続して付属のソフトウェアを使うと、帯電状態の数値化、グラフィック化することも可能で、データの管理や保存することもできる。「この製品は『関西ものづくり新撰』にも選ばれた画期的な製品でもあるんです」と同社関係者は話す。

同社は1966年設立された会社で、主に半導体評価用測定器や検査機などを製造してきた。その技術を活かして新規事業を始めることになり、そして3年ほど前に生まれたのが、この静電気可視化モニタ「HSK-5008L」だったわけだ。

すでに、液晶、塗装、印刷などの業界で利用されているそうだが、「まだまだ知名度が低く、思うような展開になっていない。そこで、いろいろな業界の人に知ってもらうために、今回の展示会に初出展しました。静電気の対策に困っているお客さまが多いと思うので、きっと受け入れられるはず」と同社関係者は話す。

価格は30万円と決して安くはないが、製造ラインはもちろんのこと、作業員の帯電監視などさまざまな場面で使えるので、同社では今後の展開に期待しているそうだ。

《レスポンス 山田清志》

最終更新:6/22(木) 13:09
レスポンス