ここから本文です

須藤凜々花の結婚宣言騒動、NMB劇場支配人が謝罪

6/22(木) 18:14配信

シネマトゥデイ

 22日、NMB48劇場支配人を務める金子剛氏が「須藤凜々花につきまして」というタイトルでNMB48のオフィシャルブログを更新、17日に開催された「AKB48 49thシングル選抜総選挙」開票イベントで結婚宣言をしたNMB48のメンバー須藤凜々花をめぐる一連の騒動について謝罪した。

【写真】2016年に行われたイベントに参加した時の須藤凜々花

 金子氏はまず、「先週末のAKB48総選挙にてNMB48メンバーにご投票いただきました皆様。テレビやパブリックビューイングなどでご覧いただきました皆様」とつづり、「あらためて総選挙へのご参加につきまして御礼申し上げます」と感謝。そして「須藤凜々花、NMB48に関しましてご心配をおかけしており申し訳ございません」と謝罪し、「結婚発表に関しましては、ご声援、ご批判、多くのご意見をいただいております」と伝えた。

 また、「時期は未定でありますが、NMB48卒業の意志を示しております」と須藤のグループ卒業に言及し、「(NMB48に)加入して約4年、NMB48に対して、真摯に向き合いながらグループを盛り上げようと頑張っている彼女に嘘偽りはないと側にいて、私自身感じております」とコメント。「最終活動日まではメンバーとして活動していくことを支配人として支えて参ります。よろしくお願いいたします」と締めくくった。

 須藤は17日に沖縄県の豊見城市立中央公民館で開票が行われた「AKB48 49thシングル選抜総選挙」で20位にランクイン。ステージに上がってファンからの投票に感謝した後に「結婚します」と宣言して「私は本当に初めてこんなに好きになれる人に出会えました」と話し、波紋を呼んでいた。(五十嵐洋介)

最終更新:6/22(木) 18:14
シネマトゥデイ