ここから本文です

【インド】南部州、道路建設にプラごみ1600トン活用

6/22(木) 11:30配信

NNA

 インド南部タミルナド州政府は20日、過去5年間に実施した道路建設事業で、1,634トンのプラスチック廃棄物を再利用したと明らかにした。PTI通信が伝えた。
 同州のベルマニ行政相によると、プラスチック廃棄物を利用して建設された道路の総延長は1,035キロメートル。同相はプラスチック廃棄物を道路敷設に利用した理由について、「環境汚染の主要原因であるプラスチックごみの有益な再活用を進める州政府の取り組みの一環」と説明している。

最終更新:6/22(木) 11:30
NNA