ここから本文です

国際エンジンオブザイヤー、フェラーリ 488 の3.9リットルツインターボに栄冠…2年連続

6/22(木) 13:30配信

レスポンス

英国のUKIPメディア&イベント社は6月21日、「インターナショナルエンジンオブザイヤー2017」を発表した。フェラーリ『488 GTB』『488スパイダー』の3.9リットルV8ツインターボが、2年連続で栄冠を手にしている。

画像:フェラーリ 488

この賞は車の心臓部、エンジンに着目して優れたエンジンを選出するもので、2017年が19回目。5月時点で少なくとも世界1か国以上で販売されている乗用車のエンジンを対象に、世界31か国の58名のジャーナリストが投票を行い、最高のパワーユニットを決定した。

インターナショナルエンジンオブザイヤー2017の結果は以下の通り。

1:フェラーリの3.9 リットルV8ターボ(251点)…488
2:ポルシェの3.0リットル水平対向6ターボ(216点)…911
3:BMWの1.5リットル3気筒ターボ+モーター(151点)…i8
4:アウディの2.5リットル直5ターボ(139点)…TTRSとRS3
5:フォードの999cc 3気筒ターボ「エコブースト」(136点)…フィエスタやフォーカスなど
6:テスラのEVパワートレイン(135点)…モデルS/X
7:PSAの1.2リットル直3ターボ(131点)…プジョー208やシトロエンC3など
8:ポルシェ2.0リットル水平対向4ターボ(128点)…718ボクスター/ケイマン
9:フェラーリの6.3リットルV12(113点)…F12

フェラーリ488 GTBと488スパイダーの3.9リットルV型8気筒ツインターボが、2年連続の栄冠。2位のポルシェ『911』改良新型の3.0リットル水平対向6気筒ツインターボに、35点の大差をつけて受賞となった。

インターナショナルエンジンオブザイヤーを主催するDean Slavnich氏は、「これまでに開発された最高のターボエンジンだろう。高度な技術を搭載した超洗練されたフェラーリV8だ」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/23(金) 9:56
レスポンス