ここから本文です

軍事力に頼らない平和を 国際女性ネット会議、今夜開幕

6/22(木) 12:29配信

琉球新報

 米軍基地がある国や地域の女性たちでつくる「軍事主義を許さない国際女性ネットワーク会議in Okinawa2017」が22日夜、那覇市の青年会館で始まる。25日には沖縄大学で「軍事主義に抗し、持続可能な未来を!」と題し、一般参加も可能なフォーラムが開かれる。米軍基地の存在に起因する性暴力や環境汚染について、各国の現状を報告し、軍事に頼らない安全保障の在り方を討議する。26日まで。
 フィリピンや韓国、グアム、アメリカ、ハワイ、プエルトリコから33人の女性が参加する。22日午前、那覇市泉崎の県庁記者クラブで会見した基地・軍隊を許さない行動する女たちの会の高里鈴代共同代表は「各国が抱える問題を確認し、解決の方法を探りたい」と強調。糸数慶子共同代表は「軍事力に頼らない真の平和を確認していきたい」と力を込めた。
 期間中、一行は糸満市摩文仁や名護市辺野古なども訪れる予定だ。
 軍事主義を許さない国際女性ネットワーク会議は1996年に発足し、フォーラムなどの開催は9回目。沖縄開催は3回目となる。

琉球新報社

最終更新:6/22(木) 12:29
琉球新報