ここから本文です

【南関東競馬】リアライズリンクス激戦制す!的場文が最年長重賞V記録更新

6/22(木) 6:03配信

デイリースポーツ

 「京成盃グランドマイラーズ・S3」(21日、船橋)

 3番人気のリアライズリンクスが6番人気ムサシキングオーとの激しい競り合いを制して、川崎マイラーズに続いて重賞を連勝。的場文は自身が持つ重賞勝利の最年長記録を60歳9カ月に更新した。3着は4番人気のコンドルダンス、1番人気のトロヴァオは4着に敗れた。

【写真】レジェンド佐々木竹見氏 的場文に「すごいよ」

 不良馬場でもお構いなし。地方通算7000勝の大記録を達成したあとも、全く衰えを見せないレジェンド・的場文の右ムチがうなりを上げた。

 好スタートから内々の3、4番手のポジションから徐々に進出3コーナーを過ぎて馬上で体を上下させる的場ダンスでGOサインを送ると、鋭く反応したリアライズリンクスは直線で先行した2頭を楽々とかわして先頭へ躍り出る。ゴール前では急追してきたムサシキングオーを首差振り切った。

 通算7015勝目を最年長重賞Vで飾った的場文は「リアライズリンクスに感謝だね。スタートが良くていい位置が取れたし、馬が本当に良くなった。関係者の皆さんの努力でしょう」と満面の笑み。この勝利でリアライズリンクスは南関東全4場で重賞制覇を達成。管理する小久保師は「いろいろあった馬だけど、充実してきて前走以上に動いてくれた。まだ2、3年は走れると思う」とさらなる成長に期待していた。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ