ここから本文です

広島・新井“能見さん撃ち”宣言!“お得意様”に今季はカモられ中…

6/22(木) 6:04配信

デイリースポーツ

 広島・新井貴浩内野手(40)が21日、“能見さん撃ち”を宣言した。この日は23日からの阪神との首位攻防戦(マツダ)へ向け、マツダスタジアムで行われた全体練習でフルメニューを消化。24日の第2戦に先発濃厚な阪神・能見篤史投手(38)には今季、5打数1安打と抑えられているが、「ぶつかっていく」とリベンジに燃える背番号25。プライベートでも仲のいい、元同僚左腕を打ち砕き、チームを首位固めに導く。

【写真】新井 後輩にイジられる

 今季初の連休明けで体はキレキレだ。気温25度。雨上がりの太陽の下、新井はフルメニューを消化した。守備、走塁、打撃練習…。一切、手を抜かない。最後は外野の芝生で、ショートダッシュを繰り返した。約2時間半、ハードに体を動かし、汗びっしょりだ。

 23日から本拠地マツダスタジアムで、古巣・阪神との首位攻防3連戦。今季ここまで3勝6敗と負け越している相手だが、百戦錬磨の男に気負いはない。

 「目の前の1試合、1試合の積み重ね。まだまだそういうのは先の話だから。とにかくどこが相手だろうが、一戦一戦というスタンス。その積み重ね。いつも言っている通り」

 まだ6月。順位やゲーム差を気にする時期ではない。それでも「能見」の名前を聞くと、目の色を変えた。昨季は15打数7安打、打率・467、2本塁打と打ちまくったが、今季は新球シュートを交えた投球に苦戦。年賀状で「今季は打たせませんよ!」と挑戦状を叩きつけられた通り、5打数1安打2三振に抑え込まれている。

 「今年は調子がいいみたいだし、新しい球も投げているみたい。“能見さん”の胸を借りるつもりで、ぶつかっていきたいね!」。ニヤリと笑い、リップサービスたっぷりにリベンジを宣言した。

 前日20日にはロッテ・井口が今季限りでの現役引退を表明した。「自分の2つ上か」。そう言うと、駒大時代を振り返り、大先輩への敬意を込めた。

 「同じ東都(大学リーグ)でスーパースターだった。(青学大の)井口さんと(東洋大の)今岡さん(阪神2軍打撃兼野手総合コーチ)は。(試合前に)神宮で、打撃練習を見るのが楽しみだった。練習でも普通にバックスクリーンを越えていたから」

 プロ入りしてからも球場で会うと、言葉を交わした。10代の頃から、ずっと追い続けてきた背中だった。現在球界で新井より年上の野手は、井口とロッテ・福浦、楽天・松井稼の3人だけ。「そういう年齢だし、寂しい気持ちもあるけど、お疲れさまという気持ち」。感傷に浸りつつ、目の前の試合に死力を尽くす。リーグ連覇と日本一を目指して全力プレーを貫く。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 20:50