ここから本文です

芸歴56年で7万人切り 高橋英樹「まだ10人切れる」活力源

6/22(木) 16:30配信

東スポWeb

 俳優の高橋英樹(73)が21日、都内で行われた米映画「ジーサンズ はじめての強盗」(24日公開)のイベントにゲストとして登場した。

 一人娘のフリーアナウンサー高橋真麻(35)は、一般男性とオープンに交際中。高橋はその男性と「会っている」と明かした。親への紹介も済んでおり、ゴールインしそうな気配も漂っているが「結婚相手かどうかは別。(その男性と)友達としてお付き合いしているのか、そこから先は分からない」と首を横に振る。

 とはいえ、やはり「娘が幸せになってくれるのが一番」と語って顔をほころばせた。そんな高橋といえば、自他ともに認める“健康オタク”。

「虚弱体質を改善するために乾布摩擦から始まって、たわしで体をこすったり、自分で頬を何十回もビンタしたりと、独特な健康法で知られる。食事の時は食べ急ぎを防ぐため、30回咀嚼(そしゃく)して、席を立ち、また戻って食べて30回咀嚼するという食事法もしていた」(芸能関係者)

 本人いわく、健康の一番の秘訣は楽しく生活することだという。

「クヨクヨしない。よく寝ること、よく食べること。人生をどれだけ楽しめるか。仕事にしても何にしても、イヤだなと思ったことがない。与えられているモノは最良のモノと考えるようにしている」と高橋は力説する。

 確かに肌ツヤは良く元気そうで、古希を超えても健在だ。

 芸歴56年。約100本の映画、2000本超のドラマに出演してきた。

「(時代劇で)7万人ほど“殺して”いる。(当時は)1週間に50~70人(切ってきた)。一説によると“殺人鬼”と言われている」と本人は苦笑い。まだ「10人くらい」は切れるほど活力があるという。

 芸能界を生き抜いてきた“ジーサン”の言葉は、説得力十分。世の男性陣の健康のヒントになりそうだ。

最終更新:6/22(木) 17:36
東スポWeb