ここから本文です

高木美保 暴言・豊田議員に「輝かしい経歴の中で学び損ねた部分が…」

6/22(木) 12:27配信

デイリースポーツ

 女優の高木美保が22日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」で、週刊新潮で元秘書への暴言、暴行が報じられた自民党の豊田真由子議員について「輝かしい経歴の中で学び損ねてきた部分があるのかな」とコメント。東大、ハーバード大などで学んだ経歴と今回の騒動のギャップに首を傾げた。

【写真】東大法学部の先輩がバッサリ!暴言議員は「超じゃない、準エリートぐらい」

 番組では、豊田議員の元秘書に対して発したと言われる音声データなども放送。そのデータには「このハゲー!」「違うだろ、違うだろー!」など、ヒステリックに口汚く罵っている女性の声と、謝る男性の声が録音されていた。

 あまりにも激しい罵り方に、高木は「私も性格的に近いところがあるので」と、自身も怒りっぽい性格であることを認めた上で「怒るっていう気持ちは分かるけど、輝かしい経歴の中で学び損ねてきちゃった部分があるんだろうなと」とコメント。豊田議員は女子御三家として名高い桜蔭高から東大を経て厚労省に入省。その後米・ハーバード大大学院も修了するなど、輝かしい進路をたどってきたが、その経歴と、今回の暴言とのギャップに驚いた様子。

 高木は更に「自戒も込めて言うと、人って間違いを犯す生き物だよねっていうことを(言いたい)。あまりに自分がしっかりしすぎて、人の間違いを認められなくなってしまっているのでは」と持論を展開。

 更に、豊田議員が自民党で当選2回生だということにも触れ「安倍チルドレン2期目の人が問題起こしている。選挙区でも2期生でしょ、しっかりしなさいよと言われていると思う。それに反応してしまう部分、選挙の傷になるっている焦りもこういう行為に出てしまったのでは」と、豊田議員の心情を推測していた。