ここから本文です

ペギー葉山さん お別れの会「ひまわりのような方でした」菅原洋一偲ぶ

6/22(木) 13:21配信

デイリースポーツ

 「ドレミの歌」「南国土佐を後にして」などで知られ、今年の4月12日に肺炎のため死去した歌手・ペギー葉山さん(享年83)のお別れの会が22日、東京・帝国ホテルで開かれ、歌手の菅原洋一(83)、橋幸夫(74)、大月みやこ(71)、水前寺清子(71)、由紀さおり(68)ら800人が参列。故人をしのんだ。

 出演したミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の世界観を表現した花と緑あふれた丘をイメージした祭壇。そこには微笑むペギーさんの遺影が飾られた。同じ昭和8年生まれの菅原は「祭壇のひまわりのような方でした」と人柄を振り返った。

 菅原は、ペギーさんとは何十年もの付き合いがあり「突然『元気?またね。頑張ろうね』と電話がかかってくる」というほど親しい仲だったという。80歳になった時には「我々がシルバーエイジだね」と言ったら、ペギーさん「シルバーじゃない。私たちはゴールデンエイジ。これからよ」と励まされたという。

 また、亡くなる直前に番組で共演した際には、偶然にも“どっちかが亡くなったら”という会話を交わしていた。ペギーさんからは「洋ちゃんが亡くなったら、私が弔辞を読んで、曲を作って歌ってあげる」と言われ、自分からは「今日でお別れ(を歌う)」と返したという。

 それが現実になってしまった。「冗談で言っていたことが、まさかこうなるとは…。まだ(ペギーさんから)携帯がかかってくるという気持ちがある。現実とは思えない」と、祭壇を前にしても、まだ信じられない様子だった。