ここから本文です

「糖質とカロリーにこだわりました」という名の新作夏パフェ8種-「銀のぶどう」で /東京

6/22(木) 18:50配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 百貨店を中心に展開する洋菓子ブランド「銀のぶどう」首都圏各店で6月29日(木)、夏の人気商品「パフェ・アート」シリーズの新作が発売される。(デパチカドットコム)

「シールド乳酸菌」も入った新作3種

 商品名は「パフェ・アート 糖質とカロリーにこだわりました」。目指したのは、「薄着の季節だからと我慢せず、思いきり食べたい」という女性の本音に応えた夏パフェだという。

 クリアカップの中に小さな夏を閉じ込めたアートのような「パフェ・アート」のおいしさ、かわいらしさはそのままに、新作では糖質とカロリーにこだわった。商品によっては「糖質は最大65%オフ、カロリーは最大50%オフ」(※100グラム当たりの同社比)になり、「おいしさ以上の価値をプラスした、これまでのパフェの常識を変える新しいスイーツができた」(同ブランド広報)という。

 ラインアップは8種類。「ベリー・フロマージュ」(648 円、糖質10.9グラム、151キロカロリー)はイチゴとラズベリーにチーズムースを合わせ、マンゴーオレンジと桃のフルフルしたドームゼリーを添えた。「マンゴープリン」(648 円、同28.4グラム、176キロカロリー)はマンゴーの果肉に、マンゴーソースとマンゴープリンとマンゴー尽くしのパフェ。「オレンジ・ヨーグルト」(648 円、同20.1グラム、158キロカロリー)はスペイン産オレンジのすっきりとした甘みにヨーグルトムースを組み合わせた。この3種は「シールド乳酸菌」も加える。

 ほかにも、ココナツブラマンジェとメロンゼリーを2層に重ね、フレッシュメロンをトッピングした「メロン・ココ」(680 円、同14.7グラム、145キロカロリー)、山形産白桃に生クリーム、ピーチゼリーを組み合わせた「ピーチパフェ」(648 円、同13.2グラム、191キロカロリー)、北海道産生クリームに国産の夏イチゴをトッピングした「ストロベリーパフェ」(680 円、同7.8グラム、168キロカロリー)、5種のフルーツ(白桃、黄桃、イチゴ、ラズベリー、 ブルーベリー)をちりばめた「フルーツ・杏仁風プリン」(648 円、同12.2グラム、111キロカロリー)、チョコソースにチョコクリーム、チョコプリン、チョコスポンジとさまざまなチョコにバナナを合わせた「チョコ・バナナ」(648 円、同13.7グラム、362キロカロリー)を展開。

 大丸東京店、京王新宿店、西武池袋本店、伊勢丹府中店、そごう横浜店、ラゾーナ川崎店、大丸浦和パルコ店のほか、ぶどうの木&鎌倉座 阿佐ヶ谷店、パクとモグ 小田急町田店の9店舗で取り扱う。販売は9月中旬まで。

みんなの経済新聞ネットワーク