ここから本文です

電話によるコンバージョンも含めて出稿キーワード最適化、ピアラがリスティング広告少額運用プランを提供

6/22(木) 16:05配信

ITmedia マーケティング

 ダイレクトマーケティングに特化したマーケティングオートメーションプラットフォームを展開するピアラは、リスティング広告を出稿する企業向けに、電話による効果測定も可能な少額運用プランを2017年6月21日にリリースする。

 今までのリスティング広告では効果分析の際、電話番号への直接問い合わせは効果測定が難しかった。一方で電話での問い合わせや予約が多い事業種の広告主からは、電話によるコンバージョンまで含めた費用対効果の正確な把握と効果の最大化を望む声が多かった。

 そこで同プランではリスティング広告経由の電話問い合わせ件数をキーワードごとに計測し、そのデータを基にリスティング広告の出稿キーワードを最適化して自動入札を実施する。また、電話によるアップセルをなどのコールセンター代行も実施可能で、一部KPI保証サービスも提供する。KPIの設定、コンバージョン定義条件については、同社の基準で設定する。

 サービスの開発に当たってはリスティング広告ツール「ADFUNE(アドフネ)」を展開するShirofuneおよび国内2500件以上のコールトラッキングサービスを展開するADgainerと提携している。

 同プランでは条件によってKPI成果保証型サービスも提供可能。初期費用は0円で電話計測利用料金は月額5万円(別途、広告費用がかかる)