ここから本文です

桐生、夢の9秒に意欲「いつもベストを出したい」 23日から日本選手権

6/22(木) 17:12配信

デイリースポーツ

 陸上の世界選手権(8月・ロンドン)の代表選考会を兼ねた日本選手権は23日に大阪市のヤンマースタジアム長居で開幕する。22日は注目の男子100メートルに出場する桐生祥秀(21)=東洋大、山県亮太(25)=セイコーホールディングス、ケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=らが同所で調整を行い、前日会見に臨んだ。

 昨年は右脚のアクシデントで3位に終わり、レース後に涙した桐生は「去年は悔しい思いをした。今年は気負わず自分の走りをすれば優勝できる。リラックスして走りたい」とリベンジを宣言。夢の9秒台についても「陸上選手はいつもベストを出したい」と、静かに闘志を燃やした。

 今大会には山県、ケンブリッジ以外にも今月10日の日本学生個人選手権で追い風参考(4・5メートル)ながら国内レース日本人初の9秒台となる9秒94を出した多田修平(20)=関学大=も参戦。ライバルが増えたことで「4人全員が世界陸上へ行けるわけじゃない」と危機感も口にした。

 一方で、自身の成長も感じている。「今年は中盤、後半の持ち味がさらによくなったと自信を持っている。ウエートトレーニングで体づくりをして、最後まで体がぶれずにゴールできるようになった」と手応えは十分だ。

 男子100メートルは23日に予選と準決勝、24日に決勝が行われる。