ここから本文です

リオ銀トリオに挑む多田修平 前日は授業も「最低でも3位以内、最高でも優勝」

6/22(木) 19:34配信

デイリースポーツ

 陸上の世界選手権(8月、ロンドン)の代表選考会を兼ねた日本選手権は23日に大阪市のヤンマースタジアム長居で開幕する。22日は前日練習が行われ、日本人初の9秒台の期待が懸かる男子100メートルでは、リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの桐生祥秀(21)=東洋大=、ケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=、山県亮太(25)=セイコーホールディングス=らが最終調整を行った。

 10日に追い風参考ながら9秒94をマークした多田修平(20)=関学大=は大学の授業のため、会場練習には姿を見せず。夕方から大学で調整。リオ銀トリオに挑む新星は、日本陸連を通じてコメントを発表し「好調な状態できているので、タイムは出せる。最大の目標は世界選手権。最低でも絶対3位以内、最高でも優勝できるような走りをしたい」と、意気込んだ。

 決勝が行われる24日は21歳の誕生日。「自分にプレゼントとして、世界選手権で走れる権利を獲得できたらいいなと思ってます」。世界切符を自らへのプレゼントとする。