ここから本文です

北野武 「どうも安倍晋三です」フランス映画祭で毒ガス連発し爆笑

6/22(木) 21:02配信

デイリースポーツ

 映画監督の北野武(70)が22日、都内で、親善大使を務める「フランス映画祭2017」のオープニングセレモニーに登場した。

【写真】多才なたけし。小説も執筆中

 仏女優のカトリーヌ・ドヌーブ(73)ら来日ゲストの前で、「どうも安倍晋三です。加計学園の問題でお金をもらったという話があって、もらってないので逃げてきました。会場を間違えて豊洲に行ってしまい、そこでベンゼンが出て…」と得意の時事ネタを連発。

 “たけし節”は仏語に通訳され、ゲスト陣は意味が理解できていない様子だったが、客席は爆笑となった。

 一通りボケた後は、「僕のフランス映画はジャン・ギャバンから始まって、こちらのカトリーヌさんの『昼顔』とか、本当に影響を受けてます」と“世界のキタノ”の顔になっていた。