ここから本文です

2年連続甲子園を狙う山梨学院、初戦で伏兵・甲府南と対戦

6/22(木) 19:02配信

スポーツ報知

 第99回全国高校野球選手権山梨大会(7月8日開幕)の組み合わせ抽選が22日、甲府市内で行われた。昨夏から県内公式戦15連勝中の王者・山梨学院は同9日の初戦で甲府南との対戦が決まった。

 主将の栗尾勇摩一塁手(3年)は「ひとつのアウトを取ることに全力を出し切って勝ち上がりたい。再び甲子園に戻るため、ベストを尽くすだけです」と言葉に力を込めた。

 一方、甲府南は平日の完全下校が午後7時という県内屈指の進学校。限られた練習時間しかないが、チームを率いるのは昨年の高校日本代表でアシスタントコーチを務めた佐野大輔監督(35)。高校時代、市川(山梨)の捕手としてセンバツ甲子園出場経験を持つ指揮官は攻守に手堅いスタイルを身につけさせ、「選手の力を最大限、引き出すように頑張ります」と話した。主将の渡辺悠介遊撃手(3年)も「チーム状態はいい。山梨学院に立ち向かうだけです」と闘志をみなぎらせた。

最終更新:6/22(木) 19:04
スポーツ報知