ここから本文です

【新馬戦出走馬】友道厩舎のアドマイヤビクター、25日阪神5Rで能力見せつける!

6/23(金) 6:03配信

スポーツ報知

 毎年のように中長距離路線で存在感を放つ友道厩舎が、来春に向けて“第一の矢”を放つ。調教で鋭い動きを見せるアドマイヤビクター(牡、父ルーラーシップ)が、25日の阪神5R(芝1800メートル)で初陣を迎える。

 「しっかり乗り込んでいて、仕上がりは問題ない。先週の動きが良かったから」と友道調教師。能力の片りんを見せたのが15日に栗東・CWコースで行った1週前追い切りだ。青葉賞4着のポポカテペトル(3歳1000万)と併せて、2馬身追走から直線でしぶとく食らいつき、7ハロン98秒8―12秒0の好タイムで首差先着した。

 芝コースで追った今週は極端な馬場悪化で時計は地味だが、脚どりは最後までしっかり。「気性がおっとりしていて、折り合いがつく。1800から2000メートルで走ってきそうな馬」と友道師は将来性とともにV発進を見据えた。(達)

最終更新:6/23(金) 6:03
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ