ここから本文です

【MLB】ヤンキース、控え捕手が奮起し7連敗から脱出

6/22(木) 15:00配信

ISM

 ニューヨーク・ヤンキースは現地21日、本拠地でロサンゼルス・エンゼルスと対戦。オースティン・ロマイン捕手がチーム最多の3安打を放つなど打線が繋がり、8対4で勝利した。これでヤンキースは連敗を7でストップさせ、ア・リーグ東地区首位に返り咲いた。

 ヤンキースは2回、ディディ・グレゴリアス遊撃手の8号2ランで先制。同点に追いつかれて迎えた5回にマット・ホリデー一塁手から15号ソロが飛び出すと、その後も得点を重ね、7回までに8対2と6点リードを奪った。

 しかし、9回に4番手タイラー・クリッパード投手が、マーティン・マルドナド捕手に7号2ランを被弾。代わってマウンドに上がった守護神アロルディス・チャプマン投手がテンポよく3者連続で凡退させ、ヤンキースがそのまま逃げ切った。

 控え捕手ながらチームの連敗脱出に大きく貢献したロマインについて、ジョー・ジラルディ監督は「彼は本当に素晴らしい」とコメント。「非常に良く投手達をリードしているし、打撃面でもいい仕事をしてくれている」と絶賛していた。(STATS-AP)

最終更新:6/22(木) 15:12
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 18:10