ここから本文です

藤井四段快進撃で観戦するだけ“観る将”急増…ネット中継会員大幅UP

6/23(金) 6:04配信

スポーツ報知

 藤井四段の快進撃は、実際に将棋を指さずに対局を観戦するだけのファン、通称「観る将」の大幅増加にもつながっている。

 28連勝を達成した21日の対局をネット中継したCS放送「囲碁・将棋チャンネル」が配信する「将棋プレミアム」は、2015年から生中継を行っているが「藤井四段の対局の時は反響が大きく、アクセス数が2ケタ違う時もあります」と同社関係者は驚きの声。生中継を含め全番組を視聴可能な「ワンデー会員」(1日500円)、「ゴールド会員」(月額2000円、年間2万円)の会員数が大幅に伸びているという。

 「藤井四段がデビューして、『観る将』を含めた将棋熱の高まりを感じています」という「将棋プレミアム」では、藤井四段が勝ち残っている上州YAMADAチャレンジ杯、王将戦の独占中継権を持っており、今後の活躍を期待。また、新記録がかかる26日の対局(増田康宏四段戦)は、CS放送でも予定を急きょ変更しての生中継が決まった。

最終更新:6/23(金) 6:04
スポーツ報知