ここから本文です

【NBA】ホーネッツ指揮官、新加入D.ハワードの復活に自信

6/22(木) 16:02配信

ISM

 シャーロット・ホーネッツのスティーブ・クリフォードHCは現地21日、アトランタ・ホークスとのトレードで獲得したセンターのドワイト・ハワードを、オールスターレベルのプレーヤーに再浮上させる手伝いができると自信を示した。

 ホーネッツはホークスとのトレードで、ハワードとドラフト全体31位指名権を獲得。ガードのマルコ・ベリネリとセンターのマイルズ・プラムリー、ドラフト全体41位指名権を譲渡した。2007年から2014年まで8年連続でオールスターに出場したハワードは、昨夏にホークスと3年7400万ドル(約82億2000万円)の契約を結んが、思うように貢献できず、わずか1年で放出された。

 オーランド・マジックとロサンゼルス・レイカーズで、アシスタントコーチとして6シーズンにわたりハワードをコーチしてきたクリフォードHCは、本拠地「スペクトラム・センター」での記者会見で、「どうすれば彼がいいプレーをできるか分かっている」とコメント。「ハワードは私が彼を理解していると分かっているし、私は彼のプレーを知っている。再び、極めてハイレベルなプレーヤーに戻れるはずだ」と、ハワードの新天地での復活に自信を示した。

 ハワードは会見に出席せず、トレードに関するコメントも出していない。しかし、リッチ・チョーGMによると、球団オーナーのマイケル・ジョーダン氏と20日の夜に会話し、ホーネッツへの移籍に興奮していたという。

 2004年ドラフト全体1位指名のハワードは、通算954試合出場で平均17.5得点、12.7リバウンド、2ブロックをマーク。フィールドゴール(FG)成功率は、歴代4位の58.5%をマークしている。(STATS-AP)

最終更新:6/22(木) 16:02
ISM