ここから本文です

『Nintendo Switch』本体品薄で謝罪  生産体制強化へ

6/22(木) 10:38配信

オリコン

 任天堂は22日、今年3月3日に発売した家庭用ゲーム機『Nintendo Switch本体』が、発売当初より国内市場全体で品薄状態が続いてることを謝罪するとともに、生産体制を更に強化することを伝えた。

【写真】Nintendo Switchの革新的コントローラー「ジョイコン」

 公式サイトでは「お待ちいただいているお客様並びに販売店の皆様にはご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。現状について「毎週の出荷を継続し、お客様に一台でも多くの製品をお届けできるよう取り組んでおります」と明かし「7月、8月は、『Nintendo Switch スプラトゥーン2セット』の継続出荷も含め、今月よりも出荷量を増やしてまいります」とした。
 
 秋以降についても「生産体制を更に強化するなど年末に向けて少しでも多くの製品をお客様にお届けできるよう取り組んでまいります」と報告し、理解を求めている。

 本機はファミリーコンピューターの“2コントローラー”からWiiUの“携帯性”といった、これまでのNintendoのゲーム機の特徴をすべて詰め込んでいる。最大の特徴は、革新的コントローラー「ジョイコン」の存在。加速度センサー、ジャイロセンサーを搭載し、プレイヤーのアクションをゲームに反映。

 また、従来とは異なる繊細な挙動を振動でプレイヤーに伝える「HD振動」機能により臨場感のあるプレイを実現する。「ジョイコン」は本体に直接装着して携帯ゲームのように持ち運ぶことも、テレビに接続して遊ぶこともできる。コントローラーを外して、複数人で遊ぶ「おすそわけプレイ」も推奨している。

最終更新:6/22(木) 13:40
オリコン