ここから本文です

窪塚洋介、俳優・降谷建志の魅力を力説「僕らに火をつけてくれた」

6/23(金) 19:23配信

オリコン

 俳優の窪塚洋介とDragon Ash降谷建志が23日、都内で行われたW主演映画『アリーキャット』プレミア上映会に出席。俳優業では“新人”にあたる降谷だが、窪塚は「建志くんが常にフルオープンハートでいてくれたので、オレらもそれにほだされるように温度を上げていくことができましたね」と魅力を力説した。

【写真】市川由衣らが登場したプレミア上映会の模様

 窪塚の思いは止まらず「お世辞抜きに、建志くんのピュアさだったり情熱だったりが、僕らに火をつけてくれて、いい作品を作るぞっていう思いをかきたててくれましたね」と絶賛。一方の品川祐は「ちょいちょいDragon Ashっぽさが出ることがあったので、僕らで『Dragon Ashするなよ』とか言っていました。そんなことを言えるくらい、本当にスゲー気さくでしたね」と声を弾ませた。

 現場の雰囲気の良さは、冒頭のあいさつにも表れており、窪塚が「こんにちは、ジャッキー・チェンです」とボケると、降谷も続けて「どうも、サモ・ハン・キンポーです」とにっこり。3番目の市川由衣も「マイケル・ホイです」と重ねると、品川が「もう、マイケル・ホイ以上のやつはないよ」と嘆きながらも「ユン・ピョウです」としっかりオチをつけて、会場を沸かせていた。

 同作は、野良猫のように街の片隅でひっそりと生きる男が、ひょんなことからバディとなった男とともに、ひとりの女を守るために奮闘し、熱い想いを取り戻していく物語。闇社会に絡んだクライムサスペンスの要素を持ちつつも、人生につまづいた人間の再生が描かれる。

 上映会にはそのほか、榊英雄監督も出席。同作は、7月15日より公開される。

最終更新:6/23(金) 19:32
オリコン