ここから本文です

【GOLF】プレジデンツ杯中間発表! 世界選抜は松山1位、谷原10位

6/22(木) 19:27配信

ISM

 2年に1度、米国選抜チームと世界選抜チームで争われるザ・プレジデンツカップ。現地時間21日にそれぞれのメンバーの中間報告が発表され、世界選抜チームでは松山英樹が1位、また谷原秀人が10位にランクインしている。

 メンバーの選考方法は以下の通り。米国選抜はPGAメンバーの米国人を対象とし、前回大会終了時から現地2017年9月4日までのフェデックスカップポイント上位10選手が選出。世界選抜は同じく9月4日付の世界ランキング上位10選手(ライダーカップ出場選手を除く)が出場権を得る。(両チームともに主将推薦2枠もあり)

 最新の世界ランク(現地6月20日付)で日本勢史上最高位の2位となった松山は中間発表で世界選抜の1位に。また現在ワールドランク51位の谷原も世界選抜の10番手に名を連ねた。まだ選出期限までは2カ月以上あるものの、このままいけば日本人2人が世界選抜チームの一員としてザ・プレジデンツカップに出場する。

 なお、今年の戦いはリバティ・ナショナルGC(ニュージャージー州)を舞台として、現地9月28日から4日間のスケジュールで行われる予定だ。


【世界選抜チーム】
1位:松山英樹(8.10)
2位:ジェイソン・デイ(7.48)
3位:アダム・スコット(4.95)
4位:チャール・シュワーツェル(3.95)
5位:ルイス・ウーストハウゼン(3.71)
6位:キム・シウー(3.42)
7位:ブランデン・グレイス(3.33)
8位:マーク・リーシュマン(3.16)
9位:エミリアーノ・グリッロ(2.93)
10位:谷原秀人(2.63)

【米国選抜チーム】
1位:ダスティン・ジョンソン(8,860)
2位:ジャスティン・トーマス(6,037)
3位:ジョーダン・スピース(5,927)
4位:ケビン・キスナー(4,672)
5位:ブルックス・ケプカ(4,571)
6位:リッキー・ファウラー(4,308)
7位:ダニエル・バーガー(4,224)
8位:ケビン・チャペル(3,812)
9位:ブライアン・ハーマン(3,637)
10位:ジェイソン・ダフナー(3,543)

最終更新:6/22(木) 19:27
ISM