ここから本文です

いわきFC延長制す J1札幌撃破 天皇杯サッカー2回戦

6/22(木) 11:08配信

福島民報

 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会は21日、各地で2回戦32試合が行われた。県社会人サッカーリーグ1部所属で福島県代表として初出場を果たしたいわきFCは札幌市の札幌厚別公園競技場でJリーグ1部(J1)の北海道コンサドーレ札幌と対戦し、延長を5-2で制して3回戦に進出した。
 県勢の3回戦進出は、2012(平成24)年に福島ユナイテッドFC(福島U)が3回戦を突破して16強入りして以来。いわきFCは7月12日にJ1清水エスパルスとの3回戦に挑む。次戦の会場は未定。
 いわきFCは前半から格上の札幌と激戦を繰り広げ、0-0で前半を折り返した。後半31分、MF金大生選手がゴール前で相手のオウンゴールを誘って先制した。後半45分に1点を失った後のロスタイム、フリーキックから金選手が左足で合わせてネットを揺らした。直後に再び追い付かれて延長に入った。
 延長前半8分、ゴール前の混戦から相手のハンドを誘いPKを獲得し、FW平岡将豪選手が冷静に右足でシュートを決めた。延長後半10分にはFW菊池将太選手が技ありのループシュートを決め、4点目。さらに終了間際にFW小野瀬恵亮選手が右足で1点を追加し、勝利を決定づけた。

福島民報社

最終更新:6/22(木) 11:46
福島民報