ここから本文です

セブン、ヨーク、ヨーカ堂 福島市と地域活性化連携協定

6/22(木) 11:32配信

福島民報

 福島市とセブン-イレブン・ジャパン、ヨークベニマル、イトーヨーカ堂は21日、地域活性化包括連携協定を締結した。3社が同協定を結ぶのは県内では県、いわき市に次いで3番目。
 地産地消、市政情報・観光情報の発信など9項目で連携する。3社は国際的な品質評価コンテスト「モンドセレクション2017」で最高金賞を受賞した市水道局製造の「ふくしまの水」を市内にある3社の系列店舗で販売する。
 協定締結式は同日、市役所で行われ、小林香市長と三沢隆ヨークベニマル取締役常務執行委員、阿久津知洋セブン-イレブン・ジャパン東北ゾーンマネジャー、小山遊子イトーヨーカ堂CSR推進部総括マネジャーが協定書に調印した。
 市と3社は同日、市地域見守りネットワーク協定、災害時相互応援協定も結んだ。

福島民報社

最終更新:6/22(木) 11:56
福島民報