ここから本文です

ストーン・サワー「ニッケルバック・ライト呼ばわりは究極の侮辱」

6/22(木) 13:20配信

BARKS

ストーン・サワーのギタリスト、ジョシュ・ランドが、ニッケルバックのチャド・クルーガーから「(ストーン・サワーは)オーケーだが、ニッケルバックほどは良くない。彼らはニッケルバック・ライトみたいだ」と言われたことに、「究極の侮辱だ」と返した。

◆ストーン・サワー画像

クルーガーの発言に対しては、すでにコリィ・テイラーから反撃があったが、ランドはそこまでダイレクトではないものの、単に笑い飛ばして済む気分でもないようだ。彼は『Musik Universe』の電話インタビューでこう話した。

「正直言って、僕の中には(クルーガーを)非難する気はないよ。彼はインタビューやってる最中ずっと飲んでたみたいだね。彼が僕らをニッケルバック・ライトって言ったことは……、僕はどうしてなのか理解できない。どう反撃したらいいか、わからない(笑)」

「彼は、究極の侮辱を思いついたようだ。僕はどうしたらいいか…? 他に何を言えばいいか、わからない」

ランドは別のラジオ局のインタビューで、ストーン・サワーはニッケルバックからツアーのオープニング・アクトを依頼されたが断ったと明かし、そのときはDJが「だから、言われたんだ!」と笑いを誘っていた。

Ako Suzuki

最終更新:6/22(木) 13:20
BARKS