ここから本文です

雨の滴にしっとり 純白のスイレン 岡山・衆楽園で見頃

6/22(木) 2:01配信

山陽新聞デジタル

 岡山県津山市山北の国名勝・衆楽園でスイレンが見頃を迎えた。雨の滴にぬれた純白の花がしっとり咲き、梅雨空に彩りを添えている。

 園内の中池(1ヘクタール)に約千株が植えられており、今年は例年より10日ほど早い5月初旬に咲き始めた。水面を覆う緑の葉と葉の間から直径15センチ程度の花が顔をのぞかせている。夏至の21日は、前日からの雨も朝には上がり、来園者はカメラのシャッターを切ったり、池のほとりでのんびり眺めたりして、情趣に浸っていた。

 散歩中の女性(70)=同市=は「雨上がりのスイレンは清らかで風情を感じる。心が和みます」と話していた。

 園を管理する同市観光協会によると、花は早朝に開き、夕方に閉じるため、午前中の観賞がお薦め。7月下旬まで楽しめるという。