ここから本文です

F-BLOOD藤井フミヤ&藤井尚之、昔の歌詞に「俺、よくこんなの書けてたなあ」

6/22(木) 10:02配信

TOKYO FM+

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」に、藤井フミヤさんと藤井尚之さんが登場。6月21日にリリースしたばかりの、F-BLOODの9年ぶりのニューアルバム『POP’N’ROLL』について語ってくれました。

坂本「こうやって兄弟揃ってお迎えできることにジワジワ感激してしまうんですが、番組が始まる前に言ってたんですけど、ラジオでお2人の声がLとRに分かれてたら面白いねって(笑)」

尚之「面白いよね(笑)」

フミヤ「右と左ね。どっちがどっちだ?みたいな」

尚之「ねえ、それはそうでしょ、ステレオ放送ですから(笑)」

坂本「そうですよね」

フミヤ「(笑)でもひょっとして、Rが壊れてたとしたら、どっちかの声が聴こえないでしょ」

尚之「そっかそっか」

坂本「あ、聴こえなくなっちゃう。そうだ」

尚之「昔のね、ビートルズとかそういう作りじゃないですか。ギターは右側だけとかね、そういうやつあるからね」

フミヤ「そうそう」

坂本「途中から逆になったりしてね(笑)。今度はフミヤさんがLに来ましたみたいな」

尚之「でもね、それに近いことをですね、このF-BLOODはアルバムの作品でよくやってるんです」

フミヤ「あ、やってるね。そうだね」

尚之「Cメロを歌ってたりするじゃないですか。で、ハモったりしますよね。で、ちょっとハモり高いなあってなったら変わったりするんですよ」

坂本「そうなんですか!」

尚之「で、俺がCメロを歌って、兄がハモりのほうを歌うとかありますね」

坂本「へえ~」

尚之「そういうこともやったりします」

坂本「溶け合って(笑)」

フミヤ「そう、入れ替わるんです(笑)」

坂本「(笑)そんなF-BLOOD、9年ぶりのアルバムが完成しました。本日(6月21日)リリースです!(拍手)」

フミヤ「そうだ」

尚之「Yeah!」

フミヤ「売ってますよ、みなさん」

坂本「売ってます。待ってました。今回は、『POP’N’ROLL』という」

フミヤ「そうですね。まあ造語ですけど、“POP”で“ROCK'N ROLL”という『POP’N’ROLL』」

坂本「まさしくタイトルどおりの音になっているなあと思ったんですけども、今回はPOP’N’ROLLをテーマに掲げて曲を作っていかれたんですか」

フミヤ「基本的にはそうですね。明るい、単純なというか、前向きなというか。それまではちょっと哲学チックというか、何かヒューマニズムみたいなことばっかりやってたんで、もうそんなことやらないっていう(笑)」

尚之「そもそも20周年っていうところでね」

坂本「そうですね」

尚之「まあ、われわれも、良い年なものですから」

フミヤ「こういう明るいなんかノリノリのヤツは、もうこの先やらないかもしれないって」

尚之「今のうちに作っちゃえ、っていうところがあって」

坂本「へええ」

尚之「老体に鞭を打ちながら(笑)」

坂本「(笑)。でも明るいものって、私が言うのも変ですけど、若いうちってあまりできないっていうか、それに説得力を持たせるのって大変だったりするような気がするんですよ」

尚之「まあね、若いときはね、それなりに背伸びした感じ」

フミヤ「大胆なことを言えたりするんですよ、若いうちはね」

坂本「ああ、そうか」

フミヤ「大人になるといろいろ考えすぎてね。こんなことは無理だな、みたいな」

尚之「自分でね、昔書いた詞とか見てて、俺、よくこんなの書けてたなあ(笑)ってあるもんね」

フミヤ「うん、あるある」

坂本「そうですか。今回は作曲を尚之さんが担当されて、作詞がフミヤさんと、分かれてますけれども」

フミヤ「もともと、F-BLOODって形がそうなんですよ」

坂本「あ、決まってたのか、もともと」

尚之「そうそう。そういうふうにすれば、F-BLOODとして活動しなくても、たとえば誰かに(作品を)提供したりとか、それぞれに提供していたら、F-BLOODとしての曲がちゃんと出来上がるっていう(笑)」

フミヤ「途中でそういうふうに決めたの。もう、おまえが作曲して、俺が作詞するものは今後F-BLOODと呼ぼうと(笑)」

坂本「そうかそうか。じゃあ9年ぶりといっても、それぞれが今までに書いていた曲がある」

フミヤ「そうですね。尚之にも書いているし、自分にも尚之が書いたりしているので、(F-BLOODの)楽曲は点々とあるんですよ」


藤井フミヤさん、藤井尚之さんの兄弟ユニット・F-BLOODのニューアルバム『POP’N’ROLL』は、現在発売中です。詳しい情報は、F-BLOODのオフィシャルサイトをご覧ください。

(アーティストの坂本美雨がパーソナリティをつとめるTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」6月21日放送より)

最終更新:6/22(木) 10:02
TOKYO FM+

Yahoo!ニュースからのお知らせ