ここから本文です

「あん」で邪気払い 池田の菓子8店がイベント 24~30日限定品も

6/22(木) 14:09配信

十勝毎日新聞 電子版

 北海道池田町内8店で24日から30日まで、あんこを使ったお菓子をテーマに販売するイベント「おいしい一週間」が開かれる。6月末に西日本を中心に行われる「夏越の祓え」(なごしのはらえ)で、小豆の赤い色が邪気をはらうとして菓子に使われていることにちなんだ。小豆の栽培が盛んな池田町で初めて企画した。

 町地域おこし協力隊の中島由恵さん(31)が発案。町内の事業者に声を掛けて、提供可能な店が参加した。参加店の中には、このイベント用の期間限定スイーツを開発するなど、ふだんは食べられない商品も並ぶ。自家製のあんこを使ったり、産地にこだわった素材を使ったりと各店が知恵を絞った和・洋菓子が味わえる。

 小豆という一つの素材をテーマに町内店が連携するのは初めて。中島さんは「町内外のお客さんに楽しんでもらいたい。池田町内にいろんな店があることを知ってもらえれば」と話す。(関坂典生)

 参加店と住所、メニュー、価格は次の通り。期間中は各店で設けている定休日は休み。

▽棚谷菓子舗(利別西町24)平成餅5個702円
▽麺屋北物語(利別西町23)ぜんざいソフトクリーム抹茶350円(午後2時から)
▽Cafe&Life akao(利別本町15)自家製あんこのシフォンケーキ486円(午後2時から)
▽お菓子のかほり(西2条7)夏越あんみつ360円
▽おかしの小松(大通2)自家製あんこのパフェ320円
▽画廊喫茶ムーン・フェイス(清見132)小倉トースト600円
▽ハッピネスデーリィ(清見104)トッピングソフト十勝あずき420円
▽ふるさといけだ(清見83、ワイン城1階イートイン)小豆ようかんソフト380円

十勝毎日新聞