ここから本文です

全国トップ 沖縄で梅雨明け 昨年より6日遅い

6/22(木) 11:07配信

ウェザーマップ

 沖縄気象台は22日午前、沖縄地方が6月22日ごろに梅雨が明けたとみられると発表した。平年よりも1日早く、昨年よりも6日遅い梅雨明け。同地方は先月13日に平年より4日遅く梅雨入りし、梅雨の日数は平年より5日短い40日間だった。

 各地の梅雨期間の雨量は名護で819ミリ(平年比231%)、久米島で810ミリ(平年比194%)、那覇で687ミリ(平年比186%)など、沖縄本島地方では梅雨前線や台風2号から変わった低気圧の影響で大雨が続き、今月19日には那覇市で日雨量206.5ミリを観測し、6月としては記録的な大雨となった。
一方、与那国島では177.5ミリ(平年比66%)、石垣島で224ミリ(平年比69%)など、高気圧に覆われて晴れる日が多くなった宮古・八重山地方では空梅雨となった。

 同気象台によると、この先しばらくは太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。

最終更新:6/22(木) 11:22
ウェザーマップ