ここから本文です

10%プレミアム商品券、羽生市商工会が販売 今年も取扱店326店

6/22(木) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県の羽生市商工会は25日から、9回目となる「羽生プレミアム商品券」を販売する。初日は羽生市民プラザ1階の同市商工会と三田ケ谷のキヤッセ羽生でプレミアム率10%の同商品券を総額5千万円(5500万円分)販売。26日以降は市商工会のみで販売する。売り切れ次第終了。
 
 プレミアム商品券の販売対象は市内在住・在勤者。販売会場が混み合うことから、今回も「18歳以上」を対象にしている。プレミアム分の500万円は市が負担する。地域商工業の振興と、地域経済の活性化を目的にしている。
 
 商品券販売単位は額面500円の商品券11枚つづりを1セットとし、5500円分を5千円で販売。販売は1人6セット(3万円)まで。
 
 販売期間は30日までで、土日曜を除く午前9時~午後4時。商品券の有効期間は、7月1日から12月31日まで。
 
 同商工会の渋沢晴夫事務局長は「プレミアム商品券の販売は9回目になり、市民の間ですっかり定着している。今年の取扱店数は昨年並みの326店(20日現在)。広く活用してほしい」と話した。
 
 問い合わせは、同商工会(電話048・561・2134)へ。

最終更新:6/22(木) 10:30
埼玉新聞