ここから本文です

梅雨前線活発に 西・東日本で雨多く 気象庁1か月予報

6/22(木) 15:46配信

ウェザーマップ

 気象庁は22日、向こう1か月の天候の予想を発表した。
本州付近に停滞する梅雨前線の活動が活発となるため、西日本から東日本にかけての広い範囲で雨量が多くなる見通し。これまで雨の少なかった地域では一転して、雨が多くなる可能性がある。一方、21日に梅雨入りした東北地方では平年並みの雨量となりそうだ。

梅雨明けした沖縄は猛暑も

 22日は沖縄地方で梅雨が明けた。今後はしばらく晴れて気温の高い状態が続く見通し。とくに来週は気温が平年よりもかなり高くなる可能性があり、農作物の管理や熱中症などに注意が必要だ。また、東海から関東甲信、北日本太平洋側かけての地域でも気温が平年並みから高くなりそうだ。

最終更新:6/22(木) 15:46
ウェザーマップ