ここから本文です

鳥栖MF鎌田 ドイツ移籍話に言葉少なも、オファー前向き

6/22(木) 11:55配信

佐賀新聞

 ドイツ1部・フランクフルトからの獲得オファーが報道されているサガン鳥栖のMF鎌田は、トップ下で先発フル出場した。試合後の移籍に関する報道陣の質問には「鳥栖の選手なので…」とけん制しつつも、「昔から(サッカーを)やり続けてきたからこそだと思う」とオファーを前向きに受け止めていることを明かした。

 この日も攻撃の起点となり、高い技術で観衆を沸かせた。ただ、自らの出来については「体力的にもきつい試合だった。前の選手なのでチャンスが来る回数は多いと思うし、そこで決めきることが大事」とゴールにつながる仕事ができなかったことへの反省も口を突いた。

 かねてから海外への挑戦を目標に掲げていたが、弱冠二十歳で現実になろうとしている。「(移籍報道は)あまり気にせず、目の前のJリーグで勝ち点を一つでも多く取れるようにやっていくだけ」と、周囲の“雑音”を意に介さず、中3日で迎える浦和戦を見据えた。

最終更新:6/22(木) 11:55
佐賀新聞