ここから本文です

あの“超大型巨人”もルーニーを擁護「イングランドが作った最高の選手の一人だ」

6/22(木) 9:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

歴代最高のゴール数を誇る

マンチェスター・ユナイテッドに所属するウェイン・ルーニーは、現在去就がはっきりしていない。

ルーニーは今シーズン、ユナイテッドで完全にベンチ要員となり、イングランド代表にも呼ばれなくなってしまった。そのため出場機会を求め、ユナイテッドを去るのではないかと噂されている。しかしそれは不当な扱いだと、かつてイングランド代表でともに戦ったピーター・クラウチが擁護した。同選手のコメントを英『Sports MOLE』が伝えている。

「ルーニーのキャリアを振り返ってみれば分かるが、彼は正しく評価されていないと感じる。ユナイテッドでは最多ゴールスコアラーだし、イングランド代表でもだ。16歳か17歳のとき彼が爆発したのを覚えているよ。彼は素晴らしいキャリアを持ち、イングランドが作った最高の選手の一人だ。過去を振り返れば、彼がどれだけ素晴らしいことをやってきたか分かるよ」

ルーニーはこれまでリーグ制覇5度にチャンピオンズリーグ、FA杯、リーグカップを獲得している。素晴らしい成績を残した選手でも、いま使えるのか使えないのかが判断されてしまうのがフットボールだ。果たしてルーニーはクラブを去り、新たな旅路へ出発してしまうのだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp