ここから本文です

中国が自国で“アイドル声優”育成スタート 日本人声優のブレイク受け

6/22(木) 11:30配信

AbemaTIMES

 日本国内で人気声優が武道館ライブやドーム公演を成功させる中、アニメ産業に力を入れる中国でも「声優」という存在がクローズアップされはじめている。

 これまでは、かつての日本がそうであったように、声優は裏方として考えられており、表に出ることはほとんどなかった。それが現在では、日本の声優人気を受けて、中国でもいわゆる「アイドル声優」の育成がスタートしているという。中国のアニメ事情について詳しい関係者は、中国の声優事情についてこう語る。

「実は中国でも、かなり前から声優ブームが起きています。と言っても、中国人の声優が人気を博しているというよりも、日本の人気声優が中国でも熱烈に支持されているという話です。中国のアニメファンは、日本のアニメを中国語字幕で見ているので、自然と日本の声優を覚えますし、彼らは日本の声優雑誌を読みます。美男美女揃いの日本人声優の虜になる子も多いです」

――中国で日本の声優が人気を博しているというのは驚きだが、どの程度の人気なのでしょうか。

「上海を中心に中国各地で毎月のように日本の声優を招いた数百人規模のファンミーティングが開催されるほど、日本の声優は人気ですね。女性声優のイベントも盛況ですが、中国で一番盛り上がっているのは日本の男性声優が出演するイベント。速水奨さんや緑川光さん、置鮎龍太郎さんや関智一さん、あとは保志総一朗さんも人気です。

 イベントでは、トークショウが行われたり、オリジナルの朗読劇が披露されたり、ファンと一緒に簡単なゲームをしたりと、基本は日本で行われているイベントに近い内容なのですが、権利の関係で作品に紐付いたイベントができないだけに、ファンとの記念撮影や握手会など、ファンサービスが重視される傾向にあります」

 他にも日本の声優が中国で注目を集めていることについて、件の事情通はこう語る。

「これも日本では意外に知られていないことですが、最近、中国では国産のスマートフォン向けゲームに日本人の声優を起用する例が相次いでいます。日本への輸出を念頭にしているのはもちろん、中国国内のゲームファンに対しても日本の声優を起用することで大きなアピールにつながるからです。

 日本のスマートフォンゲーム市場と同様に、声優名を押し出す形でリリースされるゲームも多く、中国のゲームファンが日本の声優のボイスを目当てにゲームをダウンロードしているのが現状です」

――そのような状況において、なぜこれまで中国国内の声優がクローズアップされてこなかったのですか?

「そもそも中国では、これまで声優のなり手が少なく、同じ声優ばかりが国産アニメに声を吹き込んだり、日本のアニメの吹き替えを担当したりしていました。ギャラが安いので、なり手は少なく、ベテランは数をこなさなければ生活できないので、どの作品も同じ声優ばかりになる……といった感じですね。

 そういったベテランの声優は日本のアイドル声優のように表に出ることを意識しているわけでもないので、そもそも日本のような声優ブームにつながる土壌がなかったのです。しかし、日本の声優が中国で大きな話題を集めている現在、中国国内でも日本の声優を意識した動きが出始めています」

 日本の声優ビジネスを意識した中国国内の動きについて、事情通はこう続ける。

「自身も声優として活躍する阿杰さんが作った『729声工場』など日本の声優事務所を意識したものが登場し、日本の声優養成所や専門学校を意識したスクールができるなど、中国各地でアイドル声優を生み出そうとする動きがあります。日本の声優に憧れる上流階級の子供たちが日本の専門学校の声優コースに留学して、日本の声優事務所への所属を目指したり、留学経験を生かして帰国後に国内で声優になることを目指したりしているケースもあります。今後、中国国内で中国人のアイドル声優が爆発的にブレイクする可能性は十分あると思います。

 最近では、人気のスマートフォンゲーム『あんさんぶるスターズ!』や『アイドルメモリーズ』を手がける中国資本のHappy Elementsがアミューズと協力し、中国と日本を中心に中華圏で活躍する2.5次元アイドルをプロデュースする『地球防衛アイドルプロジェクト(仮)』を立ち上げて話題を集めていました(応募は6月11日で締切済)。このプロジェクトの参加資格を見ると国籍は不問とありますが『満15歳(高校生以上)~満30歳の中国語が堪能な女性の方』となっているので、まさに中国におけるアイドル声優のブレイクを視野に入れたものと言えるでしょう」

 日本人声優が中国で人気を博す一方で、自国でアイドル声優の養成を始めた中国。日本の声優が中国で人気を得たことと同様に、中国人アイドル声優が日本でブレイクする日もそう遠くない未来なのかもしれない。

最終更新:6/22(木) 11:30
AbemaTIMES