ここから本文です

<豊田議員の暴行報道>離党届…県内自民でも波紋「人格を疑われる」

6/22(木) 22:30配信

埼玉新聞

 豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が自民党本部に離党届を提出したことについて、埼玉県内の自民関係者の間でも波紋が広がった。

 自民県連の新藤義孝会長(衆院埼玉2区)は「(豊田氏に)期待とご支援を頂きながら、社会的な批判を受ける事態を招いたことは痛恨の極みであり、誠に申し訳なく思う」とするコメントを発表。「今後については状況を確認した上、党本部と連絡を取りながら対応していく」とした。

 県連の鈴木聖二幹事長(県議)は取材に「週刊誌の報道が事実であるとすれば」と前置きした上で「暴力はいかなることがあってもいけないこと。特に公人であるのだから、本人自身がこの件を厳しく受け止め、離党届を提出したのではないか」と述べた。

 豊田氏は公募の末、党公認候補となり、2012年の衆院選で初当選した。鈴木幹事長は「キャリアも、能力もあり、政策にも通じていた」と評す一方、若手議員の不祥事が相次いでいることを踏まえ「(党として)国民の手本になる政治家像についての教育が必要だ」との認識を示した。

 自民県議の一人は「暴力を振るうようでは人格そのものを疑われてしまう」とし、「週刊誌の報道が事実なら、離党だけで済む問題ではない」と冷ややかだった。

最終更新:6/23(金) 22:53
埼玉新聞