ここから本文です

全面禁煙「空気もおいしい店」認定 岡山県がHPで紹介、飲食店募集へ

6/22(木) 9:50配信

山陽新聞デジタル

 岡山県は21日、受動喫煙対策に力を入れている飲食店を「空気もおいしい店」として認定し、県のホームページなどで紹介する方針を明らかにした。本年度中にも登録店の募集を始める。

 県議会一般質問で伊原木知事は「飲食店などの禁煙・完全分煙施設は、東京五輪を契機に諸外国から多くの人を県内に呼び込むためにも拡大が必要。協力が得られた飲食店を『空気もおいしい店』として広く紹介していく」と述べた。

 県健康推進課によると、対象は店舗内を全面禁煙としているレストランやカフェ、居酒屋など。シール、のぼりなど認定店であることを示す資材の提供も検討する。喫煙室など分煙環境を設けている店舗は当面対象外とする。

 県は2003年度から健康増進策の一環で、禁煙や分煙を導入している施設に認定証を交付している。16年度末までに2606カ所を認定したが、飲食店は40カ所にとどまっており、新たな認定制度を設けることにした。

 知事はまた、子どもがたばこと健康の関係について学び、議論・発表する事業に本年度から取り組むほか、有識者や経済団体などでつくる対策会議を新設し、受動喫煙対策を検討する考えも示した。