ここから本文です

森高千里が伝授「どんな料理にもドバドバ調味料をかける男」への対処法

6/22(木) 18:00配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。
6月21日(水)の生放送では、リスナーからのお悩み相談コーナー「ひとつのアンサー」に歌手の森高千里さんがスペシャルゲストとして登場! 番組に寄せられたリスナーからのお悩みに真剣にアドバイスを送ってくれました。


“私の夫は、どんなおかずでも味見をする前に自分の好みの調味料を大量にぶっかけます。野菜炒めなら醤油をドバドバ、オムライスならケチャップをドバドバ、この前は塩焼きそばなのにソースをドバドバ。ほかの家族に聞くと味付けが薄いわけでもなく美味しいと言ってくれます。調味料のかけすぎは体も心配ですし、一生懸命作っているのに悲しいです。どうしたらやめてくれると思いますか?”

高橋「森高さん、お料理はされますか?」

森高「主婦なので、もちろん。毎日作っています」

高橋「自分が作ったお料理を、好みに合わせてバッと調味料をかけられたらどうですか?」

森高「いきなり、味見もしないでかけられちゃうと“ちょっと、待って!”みたいな気持ちになっちゃいますよね」

高橋「ですよね~! せっかく作ったのに……みたいな」

森高「そうそう。“まずは、味見して。それで足りなければちょっとかけてもいいよ”って思っちゃうけど」

高橋「そうですね~」

森高「毎回それが続くと一生懸命作っている側からすると、ちょっとストレスが溜まっちゃうかもしれないですよね」

高橋「このリスナーさんの場合、調味料をかけるのを見ながら、なかなか言えずにいると思うんです。どういう風に言ったらいいですか?」

森高「味付けの好みもあるとは思いますけど、例えば野菜炒めとかだったら“この野菜は○○産の××っていう美味しい野菜だから、まず野菜そのものの味見をしてみて♪”って言ったら、かける前に味見をしてくれるんじゃないかなと」

高橋「確かにそうですね。“その調味料、かけるのやめて!”っってストレートに言うよりも、“頑張って作ったし今この状態が美味しいから1回食べてみてくれる?”って促したら『あっ、そっか……』って食べてくれそう」

森高「そうですね~。あとは、ちょっとうんちくというか“○○産で今しか採れないんだよ”とか“取り寄せたのよ!”みたいな感じで……、そこはちょっと嘘をついてもね(笑)」

高橋「あとは健康面ですよね。“あなたのことを思ってるよ”みたいな」

森高「そのあと“テレビで観たんだけど、体にあまり良くないみたいだよ”って言うとか」

高橋「森高さんは、言い方がすごく優しいんですね(笑)」

森高「自分でもそうですけど、先に押し付けがましく言われちゃうと、“そうじゃないよ”みたいに否定したくなっちゃうから」

高橋「みなさん、森高さん式を試してみてはいかがでしょうか?」

森高「ぜひ、試してみてください!」

なお、森高さんは1990年代に行ったライブツアー「ザ・森高」(1991年)、「ROCK ALIVE」(1992年)、「LUCKY SEVEN」(1993年)のセットリストを完全再現したライブ「TOMORROW NEVER KNOWS」の開催を控えています。

「ザ・森高」は、10月6日(金)昭和女子大学人見記念講堂。「ROCK ALIVE」は、10月11日(水)Zepp DiverCity。「LUCKY SEVEN」は、10月12日(木)Zepp DiverCityと3日間にわたり開催されます。チケット先行発売中なので、ぜひオフィシャルサイトをチェックしてみてください。

(TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」2017年6月21日放送より)

最終更新:6/22(木) 18:00
TOKYO FM+